スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年6月3日水曜日(13日目) クレッグ・ジュンジュラス氏個人セッション

ドライブ5日目

時刻は現地時間を採用せずユタの時間のままで表記します。

5日目 トータル移動距離 若干




ユタ、アリゾナのドライブ5日目。
アリゾナ州 セドナ。Super 8 Motel Sedona宿泊中です。
このドライブで唯一、同じホテルに2泊です。

今日は移動なし。

ゆっくりしますよ~!!

まず、軽くセドナの説明から・・・セドナってどんな所??

セドナはレッドロックに囲まれた小さな町です。
グランドキャニオンまで1時間ちょっとの所にあります。
セドナで有名なのがボルテックスと呼ばれるパワースポット
ボルテックスとは渦巻きを意味し、大地から磁場が渦を巻いて沸き起こっていると言われているものです。
古くよりネイティブアメリカンの聖なる場所であり、訪れた人に何らかの影響を及ぼすと言われています。
セドナに入ったら涙が止まらなかった、普段は夢を見ない人が滞在中は毎晩夢を見た、身体の痛みが取れた、自然と悩みが解決した、人生の方向性を確信した、日常の疲れが癒された・・・などなど不思議な体験が出来る所です。
今は、高級リゾート化され、商業化が進んでしまっているという声も聞こえてきます。


そんなセドナで、
11時から「Craig Junjulasクレッグ・ジュンジュラス氏」の個人セッションを予約してあるんです。(リンク:英語)

クレッグ紹介―――
「HIGHER SELF DISCOVERY」ハイヤーセルフディスカバリーを主催。(リンク:日本語)
オーラを見て、感じて、解釈するワークショップ。
ハイヤーセルフに通じる方法を教えるワークショップ。
第3の目を開くワークショップなどを全米で開催。
セドナでヒーラーやリーディングをする人達の指導をしている。


そんな、能力のある人なら、会ってみなきゃ!!

「ガイド」と彼が言ってる守護霊??、前世??からいろんな事を聞いたり
オーラを見る能力があるといいます。

―――楽しみ~!!
私のオーラはどんな色??
前世はどんな人??
ひでつぐと、とうと、かあは前世で何かつながりがあったの?

予約内容―――
11:00~15:30
Craig Junjulasオーラ個人セッション 1.5h×3人
(1人1.5hの料金 セッション$150+通訳$100)

合計金額 $750…恐ろしい金額です。。。約7万5千円?!

まあ、今回の旅行のメインですから、頑張っちゃいました。

予約時に、通訳はいるのか?って問題発生
―――とうが訳してくれればいいじゃん。
でも、スピリチュアルの事はわかんないからって…
―――後で、「何で、ちゃんと訳してくれないの!!」って喧嘩になっても困るもんね。

ってことで、痛~い、プラス$300の出費です。



今日の朝はゆっくり食べられます。
P6030440.jpg
冷凍ミニハンバーガーもあって豪華!
ホットドリンクの種類も豊富。
カプチーノにチョコレートもありました。
―――フルーツが欲しかったけど。
ここが2泊でよかった~。

コインランドリーも充実。
2泊なので洗濯もしました。

「Super 8 Motel Sedona」
3人の宿泊料金 $87.74(税込)

P6040442.jpg

P6040491.jpg

料金の割に、なかなかのホテルですね。

宿泊客もリゾート地だけあって、センスがいい人多数。
なんか、安全な感じ。
フロントの人もひでつぐに話しかけてくれたりして、アットホームです。


さていよいよクレッグのセッションです。
セッションの場所はクレッグの自宅で行われました。
ホテルからほど近く、ちょっと奥まった緑の多いお宅です。
お部屋の中は、カントリー調?
スピリチュアルな装飾品も多く、暖かい、くつろげる感じです。

P6040443.jpg

P6040444.jpg

こちらがクレッグ・ジュンジュラス氏。
―――最後に撮った写真です。

このお部屋の主らしく、彼も暖かい父親のような感じの方です。


「まずは、どんなことが聞きたいですか?」
「希望は?」

「3人のオーラと前世が知りたいです。」
「あと、オーラの見方のレッスンがしたいです。」

それだけ伝え、後はクレッグにおまかせしました。
本来、個人セッションは1人づつやるんですよね。
でも今回は、3人同席、同時にやってもらうことにしました。
―――これが失敗だったのよね。


まず、3人を見て・・・

とうは、、、

「とても周囲の事を感じる人だ。」

「気配りをする」

「感性が豊かだ」

―――おお~!褒めらてれる?
ホントかな・・・・????―――かあはそう思ってなかったので。。。


かあは、、、

「あなたは、考えなくていい。考えすぎだ。気がつき過ぎる。」

「いろんな事を気にしないで。」

「IQを調べた事はあるか? とても、頭がいい。」

なんだそうです。。。
―――え~~!!小学校の頃やった知能テスト、普通だったと思うぞ?!

クレッグの言葉を借りると・・・
「とってもトイレに行きたくて、我慢できないのと同じ様に、どうしようもないほど次々に色々な事が頭に浮かんでくる。」
んだそうです。

「ひでつぐの事ばかり考えるな。考えすぎだ。」
と、仕切りに言ってました。


話しは、とうのビジネスの話しになり、

「奥さんのアイデアを商品化しなさい」
って言われてました。

で、ビジネスはとうが社長なんだそうです。
かあが社長になると、全てをやってしまうから。。。
とうに任せろと。。。

うぉ~!!
これって、とうが常々言ってた事!!

やられた!!
いきなり、当たっってる!!
―――かあの頭がいいってことは「疑問」があるが…



ひでつぐは、、、

「とても、徳が高い、エネルギーがある。」

「他の魂では耐えられない事を、彼が引き受けた。」

―――うんうん、そんなことはひでつぐ見てればわかるよ。

「そんな彼でも、首がつらい。彼は首がつらいと言ってる」
「首の後ろはエネルギーの入ってくる所。そこが苦しいんだと言っている」

「彼は胸に手を当てられるのが、とても気持ちいいと言ってる」



ひでつぐと、とうの前世、、、、


「ひでつぐがおじいちゃんで、とうが孫の時代があった。」

「孫のとうは、おじいちゃんのひでつぐの介護をしていた。」


別の時代。

「とうがおじいちゃんで、ひでつぐが孫」

「ひでつぐがとうの面倒を見ていた」

時代もあったそうです。


別の時代。

「とうと、ひでつぐは、戦友で、とうの最後をひでつぐが看取った」

その逆、

「とうの腕の中で、ひでつぐが逝った。」

事もあるんだそうです。

2人は何度もそんな事を繰り返しているんだそうです。

―――深い関係なんだ~。。。


ん~、
とうは、「ひでつぐは、自分が看取る」って言ってるもんね。
「かあは、とうより、1日は長生きしてもらわないと困る」
とも言ってるけど。

―――いやだ~!私が一番先に逝くんだ!
「とう、ひでつぐをお願いね」って言って。



この話しを何時間もかけてしてくれました(苦笑)
―――途中、クレッグ自身の武勇伝。ビジネスの成功についての話しが永遠と続くんです。
たとえ話しとして、してくれるんだけど、ちょっと長い。。。



オーラの見方のワークは、、、

呼吸から。

深い呼吸をして。

自分をオープンにして。

エネルギーをとりこんで。

焦点を一点に合わせず。

ボヤ―っと全体を見る感じで。

。。。。。



クレッグがエネルギーを送ってくれると
クレッグの顔が、キツネ顔に見えてきました。少年の様な・・・
―――クレッグ、どちらかと言えば「タヌキ顔」?

これが、クレッグの前世?

オーラは見えませんでした。
なんとなく、もやがかかったような気もしたけど・・・

気のせい???
―――思い込みの激しいかあです。
でも、思い込みがないと、見えないんだそうです。


とうはと言えば・・・

クレッグの言ってるニュアンスがつかめてない。
わかったとしても思ったように、行動出来てない。。。
苦戦していました。

でも、クレッグが老婆に見えたそうです。




そんなこんなで、終わってしまったセッション時間。

え~!!終わり???

かあの前世は?
かあのオーラは?

今回のこのセッションの出資者は『かあ』なんですよ~!!
うっ。。。。。


最後に立ち話で聞きました。
だってこのまま、帰れない。

そうしたら、

「もう、窓を閉じてしまった」

「ガイドの声は聞こえない」

「そりゃ、とうとかあは、何回も出会ってるさ。ライバル同士でね」

「ひでつぐとは、何の関係もない。ただ、いつも、ひでつぐの母親なんだよ。」

「ただ愛すべき存在なんだ。」

と言ってました。


―――ひでつぐとは、何の運命的なつながりはないんだ。。。
この「ただ、愛すべき存在」って言う言葉がとても残りました。

なんだか、とっても腑に落ちた。
ひでつぐは、あたしに何かを与えに来たわけでも、教えに来たわけでもないんだ。


ちょっと、いやいや、たくさん不満のあったセッション。

通訳の人も、うまく伝えてくれないし、時間かかるし、
―――結局、とうが助け舟出したりして。

聞きたいことは聞けなかったし、
―――自分の話し。どうして、ヒーラーになったかとか、どんな所で講演しているか、などなど。後は、とうに、どうすればビジネスが成功するか。
世間話的な…って言ったら失礼だけど、そんな話しが続いたし。


でも、収穫はあった。

「考えすぎちゃいけないってこと」



「ひでつぐは、ただ、愛すだけの存在」

って事。


途中の休憩時間に、とうはクレッグから「ハーキマーダイヤモンド」をもらっていました。
パワーストーン。とってもきれいな水晶です。
―――なんで、とうなのよ!


英語が話せないことが、とってもはがゆい。

自分の欲しいものを手に入れるって、自分を主張するって難しい。

今回の収穫その2
英語が話せなくても、通訳を頼んだんだから
ガンガン、自分からコミニュケーションとればよかった。
―――「自分でやる」って事。
納得がいくまで、何度も何度も繰り返してね。


この時はそう思っていたんです。言葉の問題だと…

でも、今思うと、言葉が通じなくても、通じるものってあるはずなのに、
クレッグとは通じ合えなかった。

ってことなのかも知れません。

ちゃんと、向き合えなかったような、そんな物足りなさが歯がゆかったのだと思います。
クレッグは、私でなく、私の「ガイド」と話しているのでしょうか。


17:30。
予定よりだいぶ時間オーバー。
長~いセッションでした。

途中で眠くなった時もあったけど…
ひでつぐも時々ぐずってしまった時もあったけど・・・
長い時間を私たちに割いてくれたクレッグと通訳の方に感謝です。
ありがとう。お疲れ様。



やっと、昼食です。

ホテルの前のレストラン。
近場で即決。
P6040446.jpg

P6040448.jpg P6040447.jpg P6040450.jpg
ひでつぐはミートローフのベーコン巻、とうはハンバーガー、かあはチキンのサンドイッチ。
えらく大量のポテト。
―――バーガーでもサンドイッチって言うんだ。想像と違った。
味は…まあ、こんな感じ…
美味しんだけど、ちょっと物足りない。
見た目は綺麗なんだけどなぁ。

ひでつぐのはちょっとパサ付いていて、食欲に勢いなしでした。
―――お腹すき過ぎ、疲れすぎ?!



予定ではこんなに遅くなるなんて思わず、
この後、エアポートメサに瞑想をしに行こうと思っていたんです。
ここは、車でも行けるので、ひでつぐがいてもOKな所。

エアポートメサは、ボルテックスと呼ばれる、エネルギースポットで、
セドナに点在するボルテックスの中でも、もっともエネルギーが高いといわれる4大ボルテックスの一つです。
セドナ飛行場の近くにあります。
実際は、駐車場のすぐ横からさらに岩山を登るのですが、飛行場わきの駐車場近くからでも夕日が見られるそうです。


なんとか、日が暮れる前に夕日だけでも見られるといいなぁ。


P6040460.jpg
人が多くてびっくりしました。
みんな、夕日が目的の観光客のようです。

P6040468.jpg
眼下にセドナの町が見降ろせます。

P6040455.jpg
。。。きれい。
神々しいです。
神という存在があるとすれば、今ここに降りてきそうです。

かあは、岩の上に座り、ボルテックスのエネルギーを感じようと瞑想しました。
静かに、深い呼吸をし、地球に存在するものの一部になりました。
ほんの少しの間だったけど。

ゆったりとした時間が流れます。




一方、とうはと言えば、、、

何処からとか来たという、お姉さん達とお話し中。
P6040484.jpg

P6040474.jpg
ここまで来て、これほどの夕日を見ずに、もったいない。
―――今、目を閉じてもあの感覚が味わえるのに。


時刻は既に21時近くです。
ホテルに帰らねば。

少々、肌寒くなってきました。
セドナは朝晩と日中の気温差が激しいです。




今日はこのまま、ゆっくり床につけます。



明日は、「キアラ・ガスパロ Chiara Gasparro」のセッションです。
明日こそ、ちゃんとコミニュケーションをとってやろうと
心に誓う、かあでした。

はたして、どうなる??
それでは次のUPをお楽しみに。


See You


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。