スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年6月1日月曜日(11日目) Navajo National Monument&Monument Valley

ドライブ3日目

A:Travelodge Page AZホテル 9:20発
移動距離92マイル(約147.2㎞)
B:Navajo National Monument 13:16着  16:22発
移動距離70マイル(約112㎞) 
C:Monument Valley 18:06着 20:25発 
移動距離25マイル(約40㎞) 
D:Mexican Hat Hat Rock Innホテル 20:55着

時刻は現地時間を採用せずユタの時間のままで表記します。

3日目 トータル移動距離 187マイル(約299.2㎞)

ドライブ トータル移動距離 656マイル(約1049.6㎞)

青森県の大間崎から静岡通り越して掛川のちょっと手前と同じ距離



おはようございます。やった~!今日も快晴!!
ただ今、アリゾナ州のペイジにいます。
昨夜宿泊したTravelodge Page AZ のお部屋紹介から…

残念ながらここの設備、電子レンジも冷蔵庫もなかったんだよね。
コーヒーメーカーとドライヤーだけ。

電子レンジはいいけど、この暑いのに冷蔵庫がないのはきつい!
ジッパー付きの大きな袋に製氷機で氷をもらいクーラーボックスに入れて飲み物を冷やしてました。

このジッパー付きの大きな袋、100円均一で売ってます。
水を入れて凍らせ保冷剤代わりにするもの。
日本から持って行きました。

14891_c2.jpg
こんなお部屋。

3人で$72でした。
――え?安いって?――そうそう、頑張ってPageで安いとこ探したんですもん。
さすがに前日泊まったハリケーンよりは高いです。やっぱり観光地。

ちなみに帰りにもう一度Pageに泊まる予定、
予約してあるMotel 6 Pageはもっと安くて$67.5でした。

P6010002.jpg P6010001.jpg P6010004.jpg
朝食は最高!!
シリアル、トーストだけでなく、マフィンにフルーツもあります!!
ジュースの種類も豊富です。
明るくて気持ちいいし。
P6010006.jpg P6010007.jpg P6020010.jpg
駐車場の雰囲気。レイクパウエルらしきものもちらっと見えます。
―――ちなみに、泊まった部屋は1階のハンデキャップルーム。
何処も他と変わったところはなかったような…

ザイオンで買ったTシャツ!
P6010009.jpg
お揃いで着ています!!似合うよ~!!

9:20出発です。ガソリン入れて・・・
P6020011.jpg P6020012.jpg
ガソリンスタンドの隣にあるWal-Mart ウォルマートで買い出し~!!

すごく大きいです。
オーレム(Mさん家の近く)で行ったWal-Mart より品数豊富?!

湖が近いこともあって、アウトドア用品が超充実!!

パン、ハム、チーズにピクルス、ミックスサラダ袋入りを買い込んで
さらにランチ用のサンドイッチ、スナックも買いました。
このマーケットウチの近くに欲し~い!
むちゃくちゃ安いです。
大きなサンドイッチも$5.5!!

思いのほか長居をしてしまいました。
ペイジを出たのは11:00。
89号線(US-89って書くらしい)から98号線(AZ-98って書くらしい)に入ります。―――Page発 11:00
P6020014.jpg

ここまで来て「アンテロープキャニオン」を素通りするなんて!!
と思うかも知れませんが…
下調べをした段階で日程的にも車イス的にも難しかったんです。
苦渋の選択でした。残念。。。。。

最大の目的地はモニュメントバレーとセドナ。
セドナまで行くのに「グランドキャニオン」にも行かないんですから…
むろん、レイクパウエルも素通り。

なんて、マイナーな旅行なの??

本当ならここだけで1週間は居られるでしょう。。。
次回に期待!!また来るぞ~!!


アンテロープキャニオンの入り口にある目印の煙突を間近に見つつ…
AZ-98をひた走り。
P6020020.jpg
1時間ちょっと走りました。

あれ??
P6020022.jpg P6020021.jpg P6020024.jpg
貨物列車!!
踏切!!

1日に何本あるか知らないけど、きっと貴重な体験!?
工業用かな?

線路を渡るとすぐにUS-160にぶつかり、左折。
ホピリザベーションのすぐそばです。
今回の旅行の発端はとうがこのホピリザベーションに行きたいということから始まりました。
結局、日程的にナバホネーションを周るだけで、ホピリザベーションの中には行きませんが…

ネイティブアメリカンの聖地。
ココペリが下りてきそうです。

ホピリザベーションとは・・・
開拓時代にアメリカ政府がネイティブ・アメリカンを西部に追って、強制収容した所。一つの統治国家みたいになっています。ホピとはアメリカインディアンの種族のこと。
―――で、あってる?偏ってる?
ホピリザベーションはナバホネーションの中にあって、ファーストメサ、セカンドメサ、サードメサがあります。
このセカンドメサに行きたかったんだって。
何にもない未舗装の道を片道2時間、3時間走らなければなりません。
ここにだけ、行くつもりなら可能かもしれないけど、、、今回はあきらめてね。

ナバホネーション

詳しくは
インディアン居留地 - Wikipedia
ディネ - Wikipedia

http://www.hopiculturalcenter.com/(英語)
http://www.nau.edu/~hcpo-p/(英語)
参照。

とうは、インディアンジュエリー好きで、自然と共に生きるネイティブアメリカンの精神に感銘を受けてるんです。
格言の本を読んだり、映画「ホピの予言」なんかも見に行って、熱く語ってます。

旦那様の精神修養になればと今回の旅行が計画されたのでした。
―――結果はインディアンジュエリーに走ってますが…

P6020029.jpg P6020027.jpg

P6020026.jpg P6020028.jpg
ブラックメサに沿ってUS-160を走り、しばらく行くと、ブラックメサショッピングセンターがありました。
広く閑散とした店内だったけど、品数は豊富。
地方のコンビニを大きくした感じ。
醤油も売ってました。

このあたりに来ると、インディアンとわかる人を良く見かけます。
異国の香りがするわ~!!

ブラックメサショッピングセンターからすぐにAZ-569に左折する道があります。
目指すはNavajo National Monumentです。

1966年に国定記念物に指定されたNavajo National Monument ナバホ国定記念物は、
プエブロインディアンのアナサジ族の残した、断崖をくりぬいて作った住居跡です。
今でもアナサジ族の人たちが先祖代々守り続けています。

この断崖に作った住居跡は世界遺産にも指定されている「メサ・ヴェルデ国立公園」が有名ですが、
ミニミニ メサ・ヴェルデといった感じでしょうか。

近くにはキャンプ場、ピクニック エリアあり。

とても知名度な低く、観光ツアーはたぶんないだろう。
実際、すれ違う車もなく、観光客も数人。

15分ほど走り…
P6020032.jpg P6020031.jpg
ともかくビジターセンターへ。―――Navajo National Monument着13:16 Pageからここまでの走行距離92マイル(約147.2㎞)

ビジターセンターの保安員の人もアナサジ族の人でした。

ビジターセンターの裏からBetatakin Canyonの遺跡に行くトレイルがあります。
時刻は13時過ぎ、まずはランチです。

P6020039.jpg P6020044.jpg
キャンプ場まで行こうかとも思ったけど…
トレイルの入り口のベンチにてターキーのサンドイッチを広げます。
3人でやっと食べきる大きさ!!アメリカンサイズ大好き!!


トレイルはビジターセンターの保安員の人が案内してくれます。無料。
次の回までしばし、センター内のお土産を物色。
ひでつぐの絵本と、またもやとうとひでつぐおそろいのTシャツにめぼしを付けて…帰りに買おう。

―――ちなみに買ったのはこれ。
P7240002.jpg P7240003.jpg

―――とうはインディアングッズが気になってしょうがない。
機織りの実演もしていて、かあは興味深々。

P6020052.jpg P6020051.jpg
トレイルは緩やかな坂道を下リます。

P6020046.jpg P6020048.jpg P6020055.jpg P6020062.jpg
途中、植物の説明をしてくれます。―――もちろん英語で。
とうに通訳をしてもらいつつ先に進みます・・・・・・
って、中々進まない!!
「私のおばあちゃんが・・・」って説明が続きます。

ここはチョイ寄りのはずだった我が一行。
かあはしびれを切らし、「時間がないから先に行くって言って!」ととうに通訳をお願いしました。

P6020068.jpg
急な木道をスイッチバック式で下り・・・

ナバホN.M

おお~!!来た~!!

P6020085.jpg

視界が開けます。

P6020074.jpg P6020076.jpg
すごーい!!
遺跡はあの穴の中です。

P6020087.jpg P6020090.jpg
良く見ると家の間取りがなんとなく見えます。
壁画もあると書いてあるのですが・・・
そう思えば、見えなくもない。。。って感じ。

ここで、、、この閉鎖されてるようにしか見えない大自然の中で、自然と共に暮らしていたアナサジの人達・・・ロマンを感じる~。
彼らが一番自由だったのかも。。。

身が洗われる思いって言うのかなぁ。思いっきり深呼吸してきました。
この後の帰り道、急な上り坂はまだ意識になく・・・


いや~。帰りは大変でした。
ここって標高何メートル?もしかして空気薄い?
息が上がって頭痛がしてきそうです。
単に、年?

さて、出発。―――Navajo National Monument発 16:22 
いよいよMonument Valleyモニュメントバレーです。

P6020096.jpg P6020094.jpg
Kayentaの町でUS-160からUS-163に入ります。
時刻は16:50分。

P6020106.jpg
ここだけ、雨が降っています。
不思議な天気。
インディアンは、雨は天からの恵みと考えています。きっと、歓迎してくれてるのかな?

P6020100.jpg P6020099.jpg
これがモニュメントバレー!?…違いました。
通り過ぎてしまいました。

でも、迫ってきてる感じします。

P6020113.jpg
わかる?わかる?
カーボーイです!!!
「あ~」っと言ってカメラ出してるうちに・・・さよなら・・・

P6020114.jpg P6020119.jpg P6020122.jpg
途中、インディアンジュエリーの露店に引っ掛かり・・・
しばし物色。
あまり、触手動かず・・・

―――しかし、これが後から失敗、となるのです。
ここで、買っときゃ良かった。。。。。
セドナでは1.5~2倍していました。

でも、買わなかったってことは、本当は要らなかったんだよね。

本物のモニュメントバレー見えてきました!!
P6020126.jpg
南からの入り口はこんな感じ。

と、通り越しちゃったみたいです。山がなくなった。
P6020136.jpg
入り口はわかりにくいので注意!

UA-163を右折し、走ること5マイル、10分ほど走り、料金所があります。
ここで1人$5(9歳以下無料)を払いさらに進むと、ビジターセンターがあります。
―――Monument Valley着18:06 Navajo National Monumentからここまでの走行距離70マイル(約122㎞)
残念ながら、ただ今、ビジターセンターは閉鎖中。

そのまま、ザ・ビューホテルの駐車場へ。
このホテル、一度は泊まりたい!!
―――いや、ここに泊まるためだけに、アメリカに来てもいいぐらい凄い!!

ぜひ、ホテルのHPをご覧ください。一見の価値あり。
The View Hotel Inside Monument Valley

P6020140.jpg P6020142.jpg

ホテルのトイレを借り、レストランでお茶でも飲みながら景色を眺めとうと・・・
奥にお土産屋さんを発見してしまったとう。
またまた、吸い込まれて行きました。

P6020149.jpg

ここは上品な…高級品…整然とオシャレに並べられたディスプレイ。
すてき~!!素晴らしい!!
お土産屋さんの雰囲気はここから。

P6020144.jpg P6020150.jpg
ここからの眺めも最高!!
かあはとっととお土産を見終わり…ひでつぐとホテル探検。

おお~!!バルコニーに出られるじゃないですか!!

DSCF0180.jpg P6020157.jpg

P6020154.jpg P6020166.jpg

あ~ 言葉が出ません。

地球ってすごい。。。

DSCF0178.jpg 

DSCF0176.jpg P6020205.jpg

DSCF0182.jpg DSCF0171.jpg

DSCF0206.jpg P6020203.jpg
同じような写真をたくさん撮ってしまった。

やっと、ひでとう登場。

P6020183.jpg P6020184.jpg

P6020180.jpg DSCF0187.jpg
かあは一番いい席を陣取り、この星のでかさを感じつつ・・・
自分もこの自然の中の一部なんだと感じつつ・・・
暮れて赤、く染まる大地を眺めていました。
―――ひでつぐはそっちのけ。。。すまん。

P6020209.jpg
脱力、解放、赤い土に溶け込んでいくみたい。
歴史とか地層とか、何も思考せず・・・ただただ・・・呼吸。

しばらく、そうしてたでしょうか。

本当に精霊が下りてきそうです。

本当にここに泊まって日がな1日、ボーっと自分を解放していたい。

本当に。。。。。。。。



現実的なとうは、「ねえ、お土産見てよ。どっちがいい?」
―――あんたは、一体、何を、しに、来たんだ~!!

まあ、ひでつぐの事もあるので、そろそろ動かなくては・・・
動きたくな~い!!

P6020217-1.jpg

P6020214.jpg P6020224.jpg

でも、20:00です。いつの間には人もまばら。

で、とうが買ったのは
P7240031-1.jpg
この額に入った押し花(押し草?) ナバホナチュラルモニュメントで説明を聞いた薬草です。
その他、これから買うであろう多々の土産物たち。。。の一部。
ただ今、我が家にインディアンギャラリーが出来てます。

本来ならこのホテルから見るだけでなく、ジープで眼下に広がる道なき道を走り
なまのモニュメントバレーを味わうことができるツアーがあります。

自家用車では難しいみたいです。。。やってる人もいますが。

車イスがあるとジープはNGだと思い断念。
交渉次第では出来るかもしれませんが、トラックの荷台のような所に乗るらしく砂埃をもろにかぶるということでした。
ずっと、抱っこもきつい。

自家用車でのドライブを、さわりのところだけする予定でしたが、それも時間的にも状況的にもあきらめました。
乗馬で案内してくれるところもあるとか・・・

絶対、また来ます。
このホテルに泊まりに。
P6020213.jpg

DSCF0235.jpg
日が沈むと真っ暗です。

急ぎましょう。―――Monument Valley発 20:25

モニュメントバレー情報
USAツーリスト
http://www.usatourist.com/japanese/places/utah/monumentvalley.html
JTB
http://travelife.us/nationalparks/p-20.php
USWEST.TV アリゾナ州
http://www.uswest.tv/arizona/az_02.html
シーニック航空
http://www.scenic.co.jp/parkinfo/monumentvalley1.htm
Navajo Parks & Recreation Depertment
http://www.navajonationparks.org/htm/monumentvalley.htm(英語)

モニュメント・バレー - Wikipediaより
Windows Vista
2007年1月31日発売のWindows Vistaの壁紙の1つにこの地の写真が採用された。 C:\Users\Public\Pictures\Sample Pictures参照。

うわ~知らなかったぁ。


今日の宿泊はMexican Hat メキシカンハットにあるHat Rock Inn ハットロックインです。
―――Hat Rock Inn着20:55 Monument Valleyからここまでの走行距離25マイル(約40㎞)
メキシカンハットはユタ洲なので時差プラス1時間です。損した気分。

P6020237.jpg P6020238.jpg
Hat Rock Innは1泊3人で$104.64です。今回の旅行の中で最高値。
モニュメントバレー周辺は宿泊場所が少なく、メキシカンハットか来る時に通ったケイエンタになります。
高くてもしょうがないか。。。
近くに San Juan Innというホテルもあったけど、バリアフリーではありませんでした。

P6020241.jpg P6020242.jpg P6020240.jpg

部屋は古いですがきれいです。
冷蔵庫なし、電子レンジなし、朝食なし・・・最悪です。
しかも製氷機の場所を聞こうとフロントに行ったらドアに鍵。
通いの従業員さんは帰ってしまった後でした。

はぁーっ。

買っておいたパンとチーズとハムとピクルスでサンドイッチを作り部屋食。

さあ、明日は長距離移動です。
休息、休息。

明日はセドナに向かいます。
スピリチュアルな体験できるかな??

お楽しみに

See You

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。