スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年6月5日木曜日(15日目) レイクパウエルからブライスキャニオンへ

7日目-2

A:Motel 6-Page-Lake Powell 12:50発
移動距離166マイル(約265.6㎞)
 
B:BEST WESTERN RUBY'S INN  21:15着 

時刻は現地時間を採用せずユタの時間のままで表記します。

7日目 トータル移動距離 166マイル(約265.6㎞)

ドライブ トータル移動距離 1285マイル(約2065㎞)

青森県の大間崎から九州自動車道、八代のちょっと先と同じ距離。九州熊本県に入りましたよぉ。



ユタ、アリゾナのドライブも7日目。


Motel 6 Pageで朝を迎えました。

Pageは行きにも通過した場所。
行きとは違うホテルに予約しておきました。

ドライブ2日目の晩にとまったのはTravelodge Page AZ ホテル
―――その日の記事はこちら
3人で72ドル(税込)。
電子レンジも冷蔵庫もなかったけど、部屋はきれいで、朝食付きでした。

今回はMotel 6 Page
3人で67.5ドル(税込)。
―――ちょっとケチってみた。

ん~。。。失敗。
なんだか治安が悪そうな雰囲気です。
―――ひでとう談。
こうゆう所は、野生の感が働きます。

P6060549.jpg P6060552.jpg P6060555.jpg


昨日寝たのは2時過ぎ。

もちろん、朝寝坊です。

P6060556.jpg P6060558.jpg
朝食、付いてない。。。
電子レンジもない。

フロント横に、コーヒーのサービスと電子レンジを発見し、
カップ麺とオートミールで朝食。
―――わびしい。。。毎度の事ですが。

ひでつぐは、気に入っててくれてよかったよ

時刻は既に昼!!

さて、出発!!
―――Motel 6-Page-Lake Powell発 12:50


と、その前に買い出し。
水ももうないし。

チェックアウト後、近くのショッピングセンターへ。
P6060561.jpg
ひでかあ、お気に入りのWal-Mart ウォルマートで買い出し。

ガソリンも入れて、やっと出発。
―――Page発 14:00

14時って、もう、かあにはあり得ない時間なんだけどね。
―――実は、レイクパウエルのレインボーポイントまで(19.5マイル48分)行けたらいいなぁ。なんて、計画してたんですけど。
ムリムリ。。。もう、笑うしかない。

レインボーブリッジ(世界最大のナチュラルブリッジ)・ボートツアーは時間がないから、
せめて、レイクパウエルの景色だけでもと…

いいのいいの、ブライスキャニオンに急ぎましょ。
3時間はかかる予定ですからね。
今日は、ホテルでゆっくりしたいし。
ひでつぐも、休ませなきゃ。

ブライスキャニオンの夕日も狙っています。


P6060569.jpg P6060001.jpg P6060004.jpg
途中で見えました!レイクパウエル。

ちょっと紹介レイクパウエル。

Lake Powell レイクパウエルとは
コロラド川を堰き止めてグレンキャニオンダムが造られました。
人造湖としては、世界で2番目に大きく、湖の長さは約300km!
東京から名古屋に当たる距離です。
峡谷は入り江となり、湖岸線はなんと3100kmにわたって迷路のように続いています。
ダムを造るのに10年、満水となるのに17年もかかったそうです。
沈む前は、グランドキャニオンよりきれいだったとか。
まさに、水の中のグランドキャニオンです。
赤い岩肌の不思議な景観は「猿の惑星」など数々のSF映画の舞台になっています。
なんとなく、雰囲気わかった?

http://www.usatourist.com/Japanese/places/arizona/lakepowell.html
http://www.desertusa.com/colorado/lakepowel/du_lpowell.html
http://www.powellguide.com/
http://www.desertusa.com/colorado/lakepowel/du_lpowell.html
画像はこちら


P6060008.jpg P6060016.jpg
レークパウエルには、ワーウィープ・マリーナというのがあって、
レインボーブリッジ・クルーズやディナー・クルーズなどの船が出航するんです。

ここは南のはずれのはずれの、エントランス。

ビューポイントの看板につられて寄り道。
風がとっても強いんです。
ちょっとだけ、観光した気分。
湖まで下りるには時間無しだよ。


さて、

更に、US-89 をひた走り。。。
アリゾナ州からユタ州に入ります。

アリゾナ、バイバイ!


Kanab カナブを過ぎ、
Mount Carmel Junction マウントカーメルジャンクションを北上。


P6060022.jpg

P6060025.jpg

P6060026.jpg

見つけちゃったんですよ。
石のお店。

そりゃ、かあも好きですよ。石。

でも、どっかの男の土産物好きは異常。
長い長い。
しかも、ひでつぐを車に残したまま。

交互に見ようと思ったって、帰って来やしない。

ふう~。。。


しかも、US-89 沿いのお店の梯子。
―――石探しは、今回の旅行の目的の一つでもあるから、目をつぶりましょ。
って、もう諦めの境地か?


P6060037.jpg P6060043.jpg P6060063.jpg
石屋さんもなくなって、景色も変わってきました。
このあたりは、緑が多いね。
ハッチの辺りです。

US-89 NからUT-12 Eに入ります。

ブライスぽい景色になって来ました。

P6060067.jpg

時刻は19:40。
夕日に間に合わなくなっちゃうよ~!!!
―――きっと今日の夕飯もカップラーメンだよね。


P6060070.jpg

アーチを抜け、

P6060078.jpg

Bryce Canyon ブライスキャニオン国立公園のゲートを通過。
来たぞ~!!ブライス!!

時刻は20:05。
P6060079.jpg
インスピレーションポイントはどこだ~!
夕日、夕日!!!!!

インスピレーションポイントからの夕日は最高!と言う情報を入手していた為、
サンセットポイントではなくインスピレーションポイントへ。

寒いです。
すごく寒いです。

標高8100フィート。2468メートル。

ちなみに、この時期のブライスキャニオンの最低気温3℃。
―――そりゃ寒いわ。
で、セドナの最高気温は30℃。
うひょ~~~!!
さすがにアメリカは広い。

洋服、夏物から冬物まで持っていきましたよぉ。。。すごい荷物。
使い捨てカイロもね。

P6060082.jpg

夕日に染まるブライスキャ二オン。
は~っ

雄大です。

日本ではグランドキャニオンがメジャーだけど、
ブライスの方が美しいと言われているんです。

Bryce Canyon National Parkブライスキャニオン国立公園紹介。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ブライスキャニオン国立公園
http://www.uswest.tv/utah/ut_03_c.html
画像はこちら



P6060088.jpg

ひでつぐは、持ってる服、みんな着込んでも震えています。
この寒さがまた、厳粛な感じ。

この雄大さ、是非、動画でどうぞ。
画像、短いし、手ぶれしてるけどね。
[広告] VPS



P6060090.jpg

P6060096.jpg

P6060116.jpg

P6060124.jpg

日も暮れて来ました。
時刻はもう、21時になろうとしています。

本日のホテルはBryce View Lodge
税込79ドル。
立地は最高。
今、通ってきたゲートのすぐ手前にあります。

これが管理棟。

P6060164.jpg
ここを予約するのは大変だったんです。
日本でネット予約するんだけど、始めは満室だったんです。
ここ以外は遠かったり、高かったり。
翌日、再度見てみると、なんと空きがあるじゃないですか!!
超ラッキーなでした。
ところが・・・

P6060170.jpg

な、なんと!!!
向かいにある、高級ホテル(ウチとしては?)に空きがあって、
そっちに宿泊出来るって言うじゃないですか!!
更に更に、ラッキー!!!
一泊、120ドルはしてたと思うよ。

BEST WESTERN RUBY'S INN ベストウエスタン・ルビーズイン

―――BEST WESTERN RUBY'S INN 着 21:15 Motel 6-Page-Lake Powellからここまでの走行距離166マイル(約265.6㎞)

ここがエントランス。
きゃ~。奇麗。

P6060168.jpg


P6060174.jpg

おみやげ屋さんも充実してます。


ただ難点なのは、部屋が2階だってこと。
でも、
「問題ないよ。私たちが運ぶから」って、スタッフの人たちが、ひでつぐ&荷物を担いでくれました。
さすが、アメリカ!


P6060175.jpg
いい感じのお部屋です。
電子レンジ、冷蔵庫あって、アメニティグッズも充実。
コーヒーもドリップ式でいいお味。
―――って、これが普通って人も多いかな。
ウチは宿にお金掛けてませんからね。

P6060195.jpg P6060193.jpg
やっと夕食。
日本から、お皿とスプーン、フォーク持参です。万能ナイフもね。
海外旅行、我が家の基本。簡単な調味料も持参ですから。

P6060194.jpg P6060196.jpg
夕飯はやっぱりこんな感じ。
レイクパウエルで食材を買い込んだので、
ちょっと豪華にピクルスとハムのサンドイッチ、マンゴー付き。

成長期の子どもの栄養、全く無視です。


時刻は22時半。
ひでつぐ、早く、シャワー浴びて寝かせなきゃ!


なんだって、毎日こんな時間になるんだろうねぇ。。。
ねえ、ひでとう。
出来ることなら、別行動したいです。
―――ん?人生を?・・・いやいや、旅行をよ。

この日は、このホテルの、おみやげ屋さんの充実ぶりが、
明日の行動を大きく左右するとは思いもせず、眠りにつきました。

明日、ブライスキャ二オン見学。

どうなるんだぁ~!!
かあが、また切れるのか??
乞うご期待。



See You


スポンサーサイト

2009年6月4日水曜日(14日目) キアラ・ガスパロのヒューマン・デザイン

ドライブ6
A:Super 8 Motel Sedona  21:42発
移動距離183マイル(約292.8㎞)
B:Motel 6 Page  25:18着 

時刻は現地時間を採用せずユタの時間のままで表記します。

6日目 トータル移動距離 183マイル(約292.8㎞)

ドライブ トータル移動距離 1117マイル(約1787.2?)

青森県の大間崎から広島過ぎて山口過ぎたあたりと同じ距離




セドナ3日目。
Super 8 Motel Sedonaの勝手もわかり、余裕の朝です。
夕べの洗濯ものが若干乾いてないのが、気になりますが・・・。
車の中に広げておけばいいやぁ。

今日はキアラ・ガスパロ Dr. Chiara Gasparroヒューマン・デザインとブレスワークです。

ヒューマン・デザインって何かというと、実はよくわかっていない汗

ホームページには、「占星術、陰陽、カバラ、DNA、9つのチャクラシステムを基に、科学的に自分の人間としてのメカニズムを分析し、60億のアーキタイプ(原型)からなる個人のメカニズム」とありました。

セドナにいるたくさんのセラピストの中から、
なぜ、キアラを選んだか。。。

彼女の写真見て気に入っちゃったんだよね。(笑)
ビビッと来たのよ。

彼女は、心理学者。科学的、分析。。。
ん~なんか自分と同じ匂い感じるんだよね。


事前に必要な個人データをメールしておきました。

氏名(ローマ字)、生年月日、誕生時間、出生地
わかる限り詳細なもの。


場所はキアラの自宅で行います。
お宅はとてもわかりにくい場所にあるので、彼女がホテルまで迎えに来てくれました。
10:20待ち合わせ。

10:30から個人リーディリング2時間+呼吸法1.5時間の予定です。

チェックアウトをして、彼女を待ちます。

ラフなスタイルに、シルバーの髪色のキアラは、
とても自然体で柔らかな、それでいて、機敏さのある感じがしました。

何度も角を曲がり、着いたお宅は、玄関先のポーチに竹、細かな花が咲く木々。
程よく手入れがされ、とってもセンスがいい。


一番奥まった部屋でワーク開始。
P6050494.jpg

P6050495.jpg

ひでつぐは、ソファーに横になり、辺りをうかがってる様子。

まずは、ヒューマンデザインから。

IMG_0097.jpg

事前にメールした情報(氏名(ローマ字)、生年月日、誕生時間、出生地 )から、
このようなチャートを作成してくれてました。


Human Design[ヒューマンデザイン]:生年月日によって計算される天体位置と関連する易によって、
あなたの遺伝情報(デザイン)を読み取ります。
自分自身に組み込まれたデザインを理解することによって、よりよく人生を生きることができます。


と、帰国後見つけた日本語サイトhttp://humandesign.hp.infoseek.co.jp/に説明がありました。

他にも 

http://aloha4life.at.infoseek.co.jp/HD.html
(無料でデザインのボディーグラフをゲット出来るそうです。)

http://nanadream.com/index.htm


http://www.youzi.info/index.htm
(電話で出来るそうですよ)


http://design.humanjp.com/index.html
http://www.activespirit.jp/
(詳しい説明の欲しい方はこちら)

http://www.jovianarchive.com/Pages/Home.aspx
(ヒューマンデザインの本部サイト(英語))

興味のある方はじっくり見に行ってみて下さいね。

「たかが星占い?科学的って言ったって、星占いでしょ!」
って思ったあなた!

人の生死って月の満ち欠けに影響があるって言うじゃない。
流星群の接近した年と伝染病の年のグラフって重なるんだってよ(ちょっと自信ないが…)

自分がお腹にいた時、生まれた時の星の位置。
なんか、影響あるかもよ。



前ふりはこの辺で…
3人の結果は…


3人の結果は…


聞いた時はとっても良くわかってたんですよ汗
説明は英語なので、わかった気になってただけなんですけど。。。

「家に帰ってから、じっくり見てね」って渡された説明書も英語orz
IMG_0103.jpg

「ひでとうに訳してもらえばいいや」と思っていたんだけど…

―――――わかんないんだって・・・
本当か?面倒くさいだけじゃないのか??


で、覚えてる事、訳した事、日本語サイトからの知識をまとめて。。。

ヒューマンデザインシステムには5つのタイプ、
マニフェスター、マニファクティングジェネレーター、ジェネレーター、プロジェクター、リフレクター、に、分けられます。
ヒューマンデザインのタイプは 心理学的な分類や性格とはまったく関係なく、それは遺伝的に備わった特性なだそうです。
ここで調べた中には、4つのタイプ(マニファクティングジェネレーターはジェネレーターの一部だと考えていた)の頃の、古い情報も含まれていますので、読む際にご注意ください。

ひでとう:
IMG_0098.jpg
赤色の仙骨モーターセンターが咽喉の表明するセンターに繋がっている

ひでとう:≪具現化する発生者(Manifesting Generator)≫

やればできるが、慎重に行動しないといけない


マニフェスティング・ジェネレーター
最初は発生者の部類に属すると思われていましたが、独立して存在するタイプであるということがハスペル-ポートナー博士の研究結果から判明しました。
このタイプは具現者と発生者のデザインが組み合わされたもので、その作戦は非常に複雑ですが、私達がひとつとなった時のデザインで、人間が進化していく方向に調和します。
人口の33.5%と1/3を占めるありふれたタイプのひとつですが、発生者よりも行動ができるようにデザインされています。
http://humandesign.hp.infoseek.co.jp/より


ジェネレーター&マニフェスティング・ジェネレーター
約70%いつも体内に発電機が動いているようにエネルギーに満ちているが、人からの誘い、質問などに応えたり、周囲に起こる事に反応してゆくことでその能力を発揮する。
待つことはジェネレーターにとって苦痛ではあるが、自分で事を起こして何かをやり始めてしまうと、周囲からの抵抗に会い、疲労してしまう。
ジェネレーターの適応方法は、事や人が向こうからやってくるのを待ち、それに反応すること。
そしてその反応は、はい、いいえ、というような明確な言葉でなく「ウン」「ンーン」といった内部からの声または音として表現される。
仙骨の方から来る腹の感覚を信じることが大切。
そこに自分の真実がある。
マニフェスティング・ジェネレーターは、一旦、自分にとっての明確な反応がでたらマニフェスターとしての行動が可能になる。

有名人/マニフェスティング・ジェネレーター:マザーテレサ、ゴッホ、ニーチェ、アルツハイマー、マリー・アントワネット、シュワルツネガー、ブルースリー、チャップリン
http://nanadream.com/hd/type.htmより


このジェネレーターの部分は下のひでつぐにも当てはまります。
>そしてその反応は、はい、いいえ、というような明確な言葉でなく「ウン」「ンーン」といった内部からの声または音として表現される。
なんて、ひでつぐそのもの!

ひでとうの
>自分にとっての明確な反応がでたらマニフェスターとしての行動が可能になる。
ってとこも、当たってるよね~!!
眠れる獅子って感じ?
―――一生眠ったままかもしれないけどね。

>人からの誘い、質問などに応えたり、周囲に起こる事に反応してゆくことでその能力を発揮する。
>ジェネレーターの適応方法は、事や人が向こうからやってくるのを待ち、それに反応すること。
結局、2人とも待ってて行動する人なのね。

ひでつぐ:
IMG_0099.jpg
赤色の仙骨モーターセンターが定義されているが、咽喉に繋がっていない

ひでつぐ:≪発生者(Generator)≫

努力しないといけないので、腑に落ちる事を始めないといけない


ジェネレーター
人口の約70%がジェネレーターです。ジェネレーターは、待機型で最もエネルギッシュです。
彼らは自らの反応によって行うべきこと、または言うべきことが分ります。彼らの反応は仙骨のあたりから起こり、いつも非言語的で野生的な音を発します。
言葉にならない反応を感知し、その反応に従って行動する必要があります。もし彼らが仙骨の反応に従わずに頭で考えて 行動を起こすと、まわりの抵抗にあい欲求不満に陥ります。
ジェネレーターはさらにピュア・ ジェネレーターとマニフェスティング・ジェネレーターの二つに分類されます。

☆ この分け方は古いらしい。今はマニフェスティング・ジェネレーターは1つの要素になっています。

サッカーのポジションでたとえるとディフェンスです。
相手の攻撃に対して反応することがその役割です。
http://design.humanjp.com/fourtypes.htmlより



発生者(Generator)
人口の36.8%で、赤色の仙骨センターが具現化する発生者と同様に必ず定義されています。
仙骨センターは生殖能力や性欲のセンターで、遺伝子は確実に人間が生殖していくように、人口の大部分を発生者か具現化する発生者になるようデザインしています。
具現者と発生者はエネルギータイプで、エネルギーを使うようにデザインされていますが、発生者は具現者とは違って、何にエネルギーを投入したら良いのかよく理解していません。
それゆえ、歴史的に発生者は奴隷となりました。
現在は労働者の大部分を構成して、世の中における際立った貢献者や建造者ですが、正しく物事に掛かり合わないと欲求不満になりやすく、すぐに挫折をしてしまいます。
http://humandesign.hp.infoseek.co.jp/より

有名人/
ジェネレーター:モーツアルト、ダライラマ、アインシュタイン、ユング、キューリー夫人、ダスティ・ホフマン、マドンナ、プレスリー、ウォルト・ディズニー
http://nanadream.com/hd/type.htmより


本能のまま反応して生きてくとこなんか、ひでつぐでしょう。
めっちゃ気に入った事を、めっちゃ努力すれば成功するんだね。
ん~納得。


ひでかあ:
IMG_0100.jpg
茶色のモーターセンターが咽喉に繋がっていない

ひでかあ:≪投影者(Projector)≫

いざという時でしかできないので、エネルギーの無駄遣いをしない


投影者(Projector)
上の3つのタイプと非常に異なり、投影者はエネルギーに自らアクセスするようにデザインされていません。
その代わり、上の3つのタイプのエネルギーを管理する立場にあります。
しかし、そうなるためには他の人たちからその本質や素質を認識される必要があります。人口の約21%。
http://humandesign.hp.infoseek.co.jp/より


プロジェクター
人口の約21%がプロジェクターです。ジェネレーター同様、待機型です。
プロジェクターは他の人たちのエネルギーをコントロールし誘導することができます。
ただその能力を活かすためには、自分特有の能力を人に認められ招待を受ける必要があります。
招待がないとプロジェクターは自分の才能と能力を表現することができません。
また自分にとってどの招待が良いのかを知るために、プロジェクターはマニフェスターやジェネレーターよりも自分の内的なデザインを深く知る必要があります。
もし彼らが招待がなしに行動しようとすると、抵抗にあいます。

サッカーのポジションでたとえるとミッドフィルダーです。
フォワードとディフェンスの間で両者をコントロールするのがその役割です。
http://design.humanjp.com/fourtypes.htmlより



PROJECTORS プロジェクター
約21%他人のエネルギーとともに働きまた導く能力を 持つ。しかし人生における重要な出来事に関しては、周囲からその能力を認められ、正式な招待を待たなくてはならない。
心の深いところで自分は認められていないと感じてしまいがちだが、いったん真価を認められるとほとんどどんなことでも達成できる。

有名人/ピカソ、J.F.ケネディ、マルクス、カストロ、スターリン、ダイアナ妃、エリザベス女王、ミックジャガー、マリリンモンロー、ウッディアレン、スピルバーグ
http://nanadream.com/hd/type.htmより




>プロジェクターは他の人たちのエネルギーをコントロールし誘導することができます。
>能力を活かすためには、自分特有の能力を人に認められ招待を受ける必要があります。
いや~、参った。
その通り。

ひでとうと、ひでつぐに必要とされて、
「ひでかあは、頼りになる」と思われて、
初めて、能力を発揮できるってことでしょ。
ん~ 奥が深い!!
ひでとうやひでつぐのエネルギーを引き出すことも出来るってことよね。

ひでとうや、ひでつぐに限らず、必要としてくれる人には、どんどんパワーあげちゃうぅ!!
元来、お節介焼きのかあだもの。

>いったん真価を認められるとほとんどどんなことでも達成できる。
ってうのは、嬉しい事言うなぁ。


チャートの見方はよくわかりません。
繋がってるって何?
センターって何?
時間があれば、もう少し掘り下げてみたいけど。

でも、ここで言われたこと、書いてあったこと、
納得の行くものばかり。

自分の立場っていうか、役割っていうか、、、
そんなものが見えてきました。


説明はこれくらいにして、、、


キアラはセッション中、とても穏やかに、笑顔で、ゆっくりの英語で説明してくれました。
英語の苦手なかあにでも、なんとなく意味がとれました。
わからないところは、とうに訳してもらいつつ、話は進みます。


キアラが言ってたこと。

ひでつぐの笑顔は最高だってこと。
―――皆が言ってくれますよね。
この笑顔をずっと守っていって下さいってこと。

ひでかあには、気づいたことを全部、実行しなくていいんだよ。
たまには、目をつぶっていることも必要なんだってこと。

これは、前日のクレッグにも言われた言葉です。
「気づいたことに目をつぶる」。。。
難しい。。。


話し中、ひでつぐは。。。
P6050503.jpg P6050504.jpg
超リラックスでお休み中。

いつもは、外で寝ないひでつぐ。

ここは、とっても気持ちがいいみたいです。
――ずっと、過酷な旅だもんね。

さすが、セドナ。
ヒーリングされてる?


時刻はとっくに昼過ぎ。
既に2時近く。
いったん休憩。やっとランチです。
―――ん~、ずっと真剣に英語を聞いてたから、かあはヘロヘロ。
ひでつぐも、良く頑張ってた。

P6050499_20100126230204.jpg

お昼はどうなるか分からなかったので、
ホテルで簡単なサンドイッチを作って持ってきてます。
ドリンクもね。
ダイニングをお借りして、ランチ。

とても景色が良くて、お部屋も心地よく、すごくリラックスしました。
こんな所に、住めたら素敵だなぁ。

P6050501.jpg P6050500.jpg



さらに、キアラのワークショップは続きます。


実は、今日、セドナを離れPageまで移動します。
その移動距離165マイル(264キロ)の予定。
3時間20分はかかります。

まあ、今日もひでつぐには頑張ってもらうことになりそう。

個人リーディングと呼吸法合わせて3時間半の予定だったんです。
10時半からの開始。
2時過ぎには終わると踏んでたけど、すでに3時。

この後、買物に行きたかったけど、もう無理ね。


そんな中、始まった呼吸法。
IMG_0105_20100126222642.jpg

自然からのエネルギーをもらい、
地球、火、水、天国、湖、山、雷、風の木
それぞれに呼吸の仕方が異なり、8つのパターンに合わせて身体を自由に動かしながら行います。

とっても、りラックスできて楽しかったぁ。
ひでつぐも、いっしょになってやってました。

ひでとうは。。。
表現力が乏しい。。。
動きが硬い。。。

でも、頑張って動いてました。
―――頑張るもんじゃないと思うけどね。


資料もまた、英語
帰ってから訳してもらおうと思ったのに。。。



P6050506_20100126230203.jpg P6050509.jpg P6050511.jpg

キアラ、ありがとう。
いい時間でした。

長すぎだったけど。。。


時刻は18時半をまわっております。
明るいけど。


夕食をとってから移動となると、今日中のチェックインは出来るかなぁ。

さて、Pageへ向けて出発~!!

途中、ひでとう、どうしても見たいお店があるんだって。
ええ~!!マジ??
もう、19時だよ!!!

P6050513.jpg
場所はセドナのメインストリート。

ひでとうが、お店を梯子している間、
かあと、ひでつぐで散策。

P6050514.jpg
ん~!アートだねぇ!
―――などと、やってる時間はないはず。

P6050515.jpg
おおぉ~!!
なんか、演奏してる~


P6050516.jpg P6050517.jpg
やった~!
ひでつぐ、ノリノリ。


[広告] VPS

いいぞぉ~!!!


でも、、、

P6050520.jpg
もう、限界でしょ、時間。
かあの、怒りのボルテージはMAX
ひでつぐも、泣き

あの、土産男!!!

探しているのは、インディアンジュエリー。


やっと戻ってきたのは、20時でした。
P6050529.jpg

P6050530.jpg

ここで、おさらい。
今日のホテルまで何時間かかるの?
そう、3時間以上。

夕飯は?
そう、まだね。

写真では笑顔だけど、お腹の中は



とりあえず、夕飯。

目の前のお店にね。

P6050532.jpg
ハンバーガーにピザのお店。

と、、、


さっき歌を歌っていたおじさんが、ひでつぐに近寄ってきて、、、

IMG_0208.jpg IMG_0209.jpg
DCをくれたんです。
サイン入り。
セドナで活動しているんだって。
SCOTT BECKさんて言うアーティストさん。

P6050533.jpg
きっと、ひでつぐが一緒になって歌ってたのが嬉しかったのかな。
このCD、この後のドライブのBGMとなりました。
―――今でも、このCDを聞くとアリゾナを思い出します。
素敵なプレゼントをもらったね。


P6050535.jpg
ただのバーガーショップと思いきや、中々いい景色。

P6050536.jpg
わ~い!!
気持ちいいぞ~!!

―――かあは、もうすっかり「ひでつぐを早く寝かさなきゃ」ってのをあきらめましたよ。
あきらめの境地。
もう、好きにして頂戴。
―――でも、ちゃんと責任とってよね。


P6050544.jpg
景色が良くてもあるのはバーガーとピザ。
―――ひでつぐ、硬いバーガーほとんど食べず。

もう、この状態じゃ、ひでつぐに何があってもおかしくない。
母として責任とれませんよ!!!!父!!!!

P6050545.jpg
そんなかあの冷た~い態度を感じもせず。
また、お店に行くひでとう。
―――もう、父さんを捨てたくなりました。

時刻は21時過ぎですよ。
あり得ないでしょう。

―――Sedona発 21:42

―――Motel 6 Page着25:18 Sedonaからここまでの走行距離183マイル(約292.8㎞)


走りなれない道の、夜中のドライブ、3時間半。
ひでとう、相当眠かったようです。
―――そりゃそうだろう。
後で聞いたら、車線はみ出してたとか。。。

かあと、ひでつぐは後部座席の足元に荷物を詰め込んで、トランクからコートを引っ張り出し、寝床作り。
2人で横になって爆睡。
―――そりゃそうだろう。(その2)

勝手なことやってんだから、後は任せた。


P6050548.jpg

あの買物がなくても、ベットに入れるのは23時過ぎちゃうとこなのに、
結局ひでつぐが眠れたのは26時になったました。

2時だよ。2時~!!

ふぅ~~

次の日、かあの怒りは頂点に!
次回も超ご期待!
ブライスキャニオンをお贈りいたします。



See You



2009年6月3日水曜日(13日目) クレッグ・ジュンジュラス氏個人セッション

ドライブ5日目

時刻は現地時間を採用せずユタの時間のままで表記します。

5日目 トータル移動距離 若干




ユタ、アリゾナのドライブ5日目。
アリゾナ州 セドナ。Super 8 Motel Sedona宿泊中です。
このドライブで唯一、同じホテルに2泊です。

今日は移動なし。

ゆっくりしますよ~!!

まず、軽くセドナの説明から・・・セドナってどんな所??

セドナはレッドロックに囲まれた小さな町です。
グランドキャニオンまで1時間ちょっとの所にあります。
セドナで有名なのがボルテックスと呼ばれるパワースポット
ボルテックスとは渦巻きを意味し、大地から磁場が渦を巻いて沸き起こっていると言われているものです。
古くよりネイティブアメリカンの聖なる場所であり、訪れた人に何らかの影響を及ぼすと言われています。
セドナに入ったら涙が止まらなかった、普段は夢を見ない人が滞在中は毎晩夢を見た、身体の痛みが取れた、自然と悩みが解決した、人生の方向性を確信した、日常の疲れが癒された・・・などなど不思議な体験が出来る所です。
今は、高級リゾート化され、商業化が進んでしまっているという声も聞こえてきます。


そんなセドナで、
11時から「Craig Junjulasクレッグ・ジュンジュラス氏」の個人セッションを予約してあるんです。(リンク:英語)

クレッグ紹介―――
「HIGHER SELF DISCOVERY」ハイヤーセルフディスカバリーを主催。(リンク:日本語)
オーラを見て、感じて、解釈するワークショップ。
ハイヤーセルフに通じる方法を教えるワークショップ。
第3の目を開くワークショップなどを全米で開催。
セドナでヒーラーやリーディングをする人達の指導をしている。


そんな、能力のある人なら、会ってみなきゃ!!

「ガイド」と彼が言ってる守護霊??、前世??からいろんな事を聞いたり
オーラを見る能力があるといいます。

―――楽しみ~!!
私のオーラはどんな色??
前世はどんな人??
ひでつぐと、とうと、かあは前世で何かつながりがあったの?

予約内容―――
11:00~15:30
Craig Junjulasオーラ個人セッション 1.5h×3人
(1人1.5hの料金 セッション$150+通訳$100)

合計金額 $750…恐ろしい金額です。。。約7万5千円?!

まあ、今回の旅行のメインですから、頑張っちゃいました。

予約時に、通訳はいるのか?って問題発生
―――とうが訳してくれればいいじゃん。
でも、スピリチュアルの事はわかんないからって…
―――後で、「何で、ちゃんと訳してくれないの!!」って喧嘩になっても困るもんね。

ってことで、痛~い、プラス$300の出費です。



今日の朝はゆっくり食べられます。
P6030440.jpg
冷凍ミニハンバーガーもあって豪華!
ホットドリンクの種類も豊富。
カプチーノにチョコレートもありました。
―――フルーツが欲しかったけど。
ここが2泊でよかった~。

コインランドリーも充実。
2泊なので洗濯もしました。

「Super 8 Motel Sedona」
3人の宿泊料金 $87.74(税込)

P6040442.jpg

P6040491.jpg

料金の割に、なかなかのホテルですね。

宿泊客もリゾート地だけあって、センスがいい人多数。
なんか、安全な感じ。
フロントの人もひでつぐに話しかけてくれたりして、アットホームです。


さていよいよクレッグのセッションです。
セッションの場所はクレッグの自宅で行われました。
ホテルからほど近く、ちょっと奥まった緑の多いお宅です。
お部屋の中は、カントリー調?
スピリチュアルな装飾品も多く、暖かい、くつろげる感じです。

P6040443.jpg

P6040444.jpg

こちらがクレッグ・ジュンジュラス氏。
―――最後に撮った写真です。

このお部屋の主らしく、彼も暖かい父親のような感じの方です。


「まずは、どんなことが聞きたいですか?」
「希望は?」

「3人のオーラと前世が知りたいです。」
「あと、オーラの見方のレッスンがしたいです。」

それだけ伝え、後はクレッグにおまかせしました。
本来、個人セッションは1人づつやるんですよね。
でも今回は、3人同席、同時にやってもらうことにしました。
―――これが失敗だったのよね。


まず、3人を見て・・・

とうは、、、

「とても周囲の事を感じる人だ。」

「気配りをする」

「感性が豊かだ」

―――おお~!褒めらてれる?
ホントかな・・・・????―――かあはそう思ってなかったので。。。


かあは、、、

「あなたは、考えなくていい。考えすぎだ。気がつき過ぎる。」

「いろんな事を気にしないで。」

「IQを調べた事はあるか? とても、頭がいい。」

なんだそうです。。。
―――え~~!!小学校の頃やった知能テスト、普通だったと思うぞ?!

クレッグの言葉を借りると・・・
「とってもトイレに行きたくて、我慢できないのと同じ様に、どうしようもないほど次々に色々な事が頭に浮かんでくる。」
んだそうです。

「ひでつぐの事ばかり考えるな。考えすぎだ。」
と、仕切りに言ってました。


話しは、とうのビジネスの話しになり、

「奥さんのアイデアを商品化しなさい」
って言われてました。

で、ビジネスはとうが社長なんだそうです。
かあが社長になると、全てをやってしまうから。。。
とうに任せろと。。。

うぉ~!!
これって、とうが常々言ってた事!!

やられた!!
いきなり、当たっってる!!
―――かあの頭がいいってことは「疑問」があるが…



ひでつぐは、、、

「とても、徳が高い、エネルギーがある。」

「他の魂では耐えられない事を、彼が引き受けた。」

―――うんうん、そんなことはひでつぐ見てればわかるよ。

「そんな彼でも、首がつらい。彼は首がつらいと言ってる」
「首の後ろはエネルギーの入ってくる所。そこが苦しいんだと言っている」

「彼は胸に手を当てられるのが、とても気持ちいいと言ってる」



ひでつぐと、とうの前世、、、、


「ひでつぐがおじいちゃんで、とうが孫の時代があった。」

「孫のとうは、おじいちゃんのひでつぐの介護をしていた。」


別の時代。

「とうがおじいちゃんで、ひでつぐが孫」

「ひでつぐがとうの面倒を見ていた」

時代もあったそうです。


別の時代。

「とうと、ひでつぐは、戦友で、とうの最後をひでつぐが看取った」

その逆、

「とうの腕の中で、ひでつぐが逝った。」

事もあるんだそうです。

2人は何度もそんな事を繰り返しているんだそうです。

―――深い関係なんだ~。。。


ん~、
とうは、「ひでつぐは、自分が看取る」って言ってるもんね。
「かあは、とうより、1日は長生きしてもらわないと困る」
とも言ってるけど。

―――いやだ~!私が一番先に逝くんだ!
「とう、ひでつぐをお願いね」って言って。



この話しを何時間もかけてしてくれました(苦笑)
―――途中、クレッグ自身の武勇伝。ビジネスの成功についての話しが永遠と続くんです。
たとえ話しとして、してくれるんだけど、ちょっと長い。。。



オーラの見方のワークは、、、

呼吸から。

深い呼吸をして。

自分をオープンにして。

エネルギーをとりこんで。

焦点を一点に合わせず。

ボヤ―っと全体を見る感じで。

。。。。。



クレッグがエネルギーを送ってくれると
クレッグの顔が、キツネ顔に見えてきました。少年の様な・・・
―――クレッグ、どちらかと言えば「タヌキ顔」?

これが、クレッグの前世?

オーラは見えませんでした。
なんとなく、もやがかかったような気もしたけど・・・

気のせい???
―――思い込みの激しいかあです。
でも、思い込みがないと、見えないんだそうです。


とうはと言えば・・・

クレッグの言ってるニュアンスがつかめてない。
わかったとしても思ったように、行動出来てない。。。
苦戦していました。

でも、クレッグが老婆に見えたそうです。




そんなこんなで、終わってしまったセッション時間。

え~!!終わり???

かあの前世は?
かあのオーラは?

今回のこのセッションの出資者は『かあ』なんですよ~!!
うっ。。。。。


最後に立ち話で聞きました。
だってこのまま、帰れない。

そうしたら、

「もう、窓を閉じてしまった」

「ガイドの声は聞こえない」

「そりゃ、とうとかあは、何回も出会ってるさ。ライバル同士でね」

「ひでつぐとは、何の関係もない。ただ、いつも、ひでつぐの母親なんだよ。」

「ただ愛すべき存在なんだ。」

と言ってました。


―――ひでつぐとは、何の運命的なつながりはないんだ。。。
この「ただ、愛すべき存在」って言う言葉がとても残りました。

なんだか、とっても腑に落ちた。
ひでつぐは、あたしに何かを与えに来たわけでも、教えに来たわけでもないんだ。


ちょっと、いやいや、たくさん不満のあったセッション。

通訳の人も、うまく伝えてくれないし、時間かかるし、
―――結局、とうが助け舟出したりして。

聞きたいことは聞けなかったし、
―――自分の話し。どうして、ヒーラーになったかとか、どんな所で講演しているか、などなど。後は、とうに、どうすればビジネスが成功するか。
世間話的な…って言ったら失礼だけど、そんな話しが続いたし。


でも、収穫はあった。

「考えすぎちゃいけないってこと」



「ひでつぐは、ただ、愛すだけの存在」

って事。


途中の休憩時間に、とうはクレッグから「ハーキマーダイヤモンド」をもらっていました。
パワーストーン。とってもきれいな水晶です。
―――なんで、とうなのよ!


英語が話せないことが、とってもはがゆい。

自分の欲しいものを手に入れるって、自分を主張するって難しい。

今回の収穫その2
英語が話せなくても、通訳を頼んだんだから
ガンガン、自分からコミニュケーションとればよかった。
―――「自分でやる」って事。
納得がいくまで、何度も何度も繰り返してね。


この時はそう思っていたんです。言葉の問題だと…

でも、今思うと、言葉が通じなくても、通じるものってあるはずなのに、
クレッグとは通じ合えなかった。

ってことなのかも知れません。

ちゃんと、向き合えなかったような、そんな物足りなさが歯がゆかったのだと思います。
クレッグは、私でなく、私の「ガイド」と話しているのでしょうか。


17:30。
予定よりだいぶ時間オーバー。
長~いセッションでした。

途中で眠くなった時もあったけど…
ひでつぐも時々ぐずってしまった時もあったけど・・・
長い時間を私たちに割いてくれたクレッグと通訳の方に感謝です。
ありがとう。お疲れ様。



やっと、昼食です。

ホテルの前のレストラン。
近場で即決。
P6040446.jpg

P6040448.jpg P6040447.jpg P6040450.jpg
ひでつぐはミートローフのベーコン巻、とうはハンバーガー、かあはチキンのサンドイッチ。
えらく大量のポテト。
―――バーガーでもサンドイッチって言うんだ。想像と違った。
味は…まあ、こんな感じ…
美味しんだけど、ちょっと物足りない。
見た目は綺麗なんだけどなぁ。

ひでつぐのはちょっとパサ付いていて、食欲に勢いなしでした。
―――お腹すき過ぎ、疲れすぎ?!



予定ではこんなに遅くなるなんて思わず、
この後、エアポートメサに瞑想をしに行こうと思っていたんです。
ここは、車でも行けるので、ひでつぐがいてもOKな所。

エアポートメサは、ボルテックスと呼ばれる、エネルギースポットで、
セドナに点在するボルテックスの中でも、もっともエネルギーが高いといわれる4大ボルテックスの一つです。
セドナ飛行場の近くにあります。
実際は、駐車場のすぐ横からさらに岩山を登るのですが、飛行場わきの駐車場近くからでも夕日が見られるそうです。


なんとか、日が暮れる前に夕日だけでも見られるといいなぁ。


P6040460.jpg
人が多くてびっくりしました。
みんな、夕日が目的の観光客のようです。

P6040468.jpg
眼下にセドナの町が見降ろせます。

P6040455.jpg
。。。きれい。
神々しいです。
神という存在があるとすれば、今ここに降りてきそうです。

かあは、岩の上に座り、ボルテックスのエネルギーを感じようと瞑想しました。
静かに、深い呼吸をし、地球に存在するものの一部になりました。
ほんの少しの間だったけど。

ゆったりとした時間が流れます。




一方、とうはと言えば、、、

何処からとか来たという、お姉さん達とお話し中。
P6040484.jpg

P6040474.jpg
ここまで来て、これほどの夕日を見ずに、もったいない。
―――今、目を閉じてもあの感覚が味わえるのに。


時刻は既に21時近くです。
ホテルに帰らねば。

少々、肌寒くなってきました。
セドナは朝晩と日中の気温差が激しいです。




今日はこのまま、ゆっくり床につけます。



明日は、「キアラ・ガスパロ Chiara Gasparro」のセッションです。
明日こそ、ちゃんとコミニュケーションをとってやろうと
心に誓う、かあでした。

はたして、どうなる??
それでは次のUPをお楽しみに。


See You


2009年6月2日火曜日(12日目) Goosenecks State Park&移動

ドライブ4日目

A:Mexican Hat Hat Rock Innホテル 9:20発
移動距離9マイル(約14.4㎞)
B:Goosenecks State Park 9:57着  10:25発
移動距離235マイル(約376㎞) 
C:Super 8 Motel Sedona  19:20着 

時刻は現地時間を採用せずユタの時間のままで表記します。

4日目 トータル移動距離 244マイル(約390.4㎞)

ドライブ トータル移動距離 900マイル(約1440㎞)

青森県の大間崎から岡山のちょっと手前(備前)と同じ距離



ユタ、アリゾナのドライブも4日目。
Hat Rock InnのサービスはNGだったけど、ロケーションはバッチリです。
部屋で簡単にサンドイッチを作って食べた後、散歩。
ホテルの裏には…
P6030245.jpg P6030247.jpg P6030248.jpg
San Juan River サンジュアン川が流れています。
汚い色の濁った水。。。この色は赤い土がとけたもの。
東京の汚水なんかと違います。
とはいえ、なんとなく川に近付こうと思わなかったけど…

P6030249.jpg P6030252.jpg
ホテルの横にはホーガンが!!
倉庫に使ってるのかな?なんて想像。。。住んでないよねぇ?!

さあ、出発です。メキシカンハットという名前の由来になった岩へ向かいます。
―――Hat Rock Inn発 9:20

P6030258.jpg

P6030254.jpg P6030262.jpg
逆光で地層がわかりませんね。ズームはボケてるし。。。
Mexican Hat Rockの写真集はこちらから。
Mexican Hat, Utah - Wikipedia(英語)

どうやったら、こんな岩になるのか、不思議。

US-163さらに走り、ほどなくGoosenecks State Parkの看板を見つけ、UT-261 を左折、さらに UT-316 を左折して未舗装の道を進みます。
―――Goosenecks State Park着9:57 Hat Rock Innからここまでの走行距離9マイル(約14.4㎞)

P6030277.jpg

グースネック合成

想像以上にスケールがでかいです。
グースネック、文字通りガチョウの首のように曲がりくねっています。

グースネック

川の水は濁っていて、ホテルの裏と同じ。

ここが地形としては美しいのに、人気のない理由はこの川の色にあるとか…
似たように、蛇行する川として人気のあるところに、ホースシューベントがあります。

Horseshoe Bend (Arizona) - Wikipedia(英語)
Horseshoe Bend の写真はこちらから
川の色がとてもきれいです。
レイクパウエルの近くにあって、湖によって浄化されているからだとか・・・

地形としてはこっちの方が面白いと思うんだけどね。
グースネックはマイナーなようです。


グースネック情報
http://www.utah.com/stateparks/goosenecks.htm

P6030287.jpg

展望台はこんな感じ。
写真を取っている足場は柵もなく、間違えば崖崩れ、転落の恐れありです。

注意書きの看板などむろんなく、日本と違ってどこまでも個人主義。

自然の力を見せつけられつつ、グースネックを後にし、来た道を戻ります。
―――Goosenecks State Park発10:25

P6030294.jpg P6030295.jpg P6030302.jpg
昨晩泊まったホテルを撮影。
この旅行で泊まったホテルの中で一番ローカルなホテルでした。

まもなく、右側にお店を発見。 インディアンジュエリーの店です。
寄らないわけにはいかない!!

P6030299.jpg

結果、大正解!!
今までになく、いい品揃えです。
―――目移りするほどに…

P7240015.jpg
購入したのはこの3点。ターコイズのネックレス。
全てで$100!!
上から順に$65、$25、$17だったかな。
むろん、値引き交渉で言い値から20~25%は引いてもらいました。

え?計算合わない??
そうなんです。。。
初めに上の2つ、ひでとうのとひでかあのを買う予定でした。
ところが、$100で$10のお釣りがなかったんです。

それで、一番下のを付けて$100でどうかと言われ、購入を迷っていた品だけに、交渉成立。
―――ちなみに、下2つがひでかあのです

とてもいい買い物ができて、大満足。
日本の相場の1/3程の値段じゃない?!!
おそらく、ブレスレット程度の価格。―――よりもまだ安いかな?!

しかも、まじ、インディアンジュエリーを作った本人から買ったんですよ。
ハンドメイドの一点もの!!!

―――興味のない人には、何を言ってるかわからないと思いますが…

インターネットで販売はしていないか聞いたところ、やっていないとのこと。

メールアドレスを聞いてきました。
―――ひでとうがね。ひでかあの言語力は推して知るべし…ボディーランゲージですから。

インディアンジュエリーに興味のある方はこちらの www.ターコイズ.net 覗いてみてはいかが?
鉱山別の特徴や種族別のインデックスで検索出来ます。
すぐれものですよ!!

私は詳しくないですが、上がビズビー、真ん中がスリーピングビューティの鉱山でとれたものだそうです。
どちらもアリゾナの鉱山。
下はネバダの鉱山でとれたものだそうです。

そりゃ、現地調達だもん、安いわけだ。


ここでずいぶん時間を取ってしまいました。
先を急がねば。。。

今日はこのドライブ中で1番移動距離が長いんです。
目指すはSedona !
US-163を南下します。

P6030321_20090901162152.jpg
この構図見たことない?
「フォレストガンプ」でフォレストが、3年間続けたマラソンをやめるシーンに使われているところです。
これが見たかったのよ!!
この道を走りたかったから、Mexican Hatのホテルにしたんだもの。

ため息です。。。。。


P6030314.jpg P6030304.jpg P6030327.jpg
ひでつぐは心地よい荒野の風にご機嫌。

この後も、数件アメリカンジュエリーのお店を覗きますが、触手動かず。

P6030345.jpg P6030348.jpg
昼食はKayentaケエンタのマックです。
―――Kayenta着12:50 Goosenecks State Parkからここまでの走行距離53マイル(約84.8㎞)

日本とセット価格はあまり変わらず…サイズも変わらず…大きいのはドリンクのみ。
味の分、日本の方がお得感ありでした。残念。

―――Kayenta発14:05
ケエンタからはさらにUS-160を南西に走ります。
Tuba City チューバ・シティーを過ぎUS-89に入ります。

P6030359.jpg P6030362.jpg P6030366.jpg
景色が変わって来ました。
17:30 Flagstaff フラッグスタッフ通過。

ここで道を間違えて迷い込んだ所が「ルート66」!!
おお~!!

P6030368.jpg

I-40W、I-17S…

AZ-89Aに入るまで苦労しました。

ずっと山道。このところお目にかかっていなかった緑です。

P6030375.jpg

P6030380.jpg P6030387.jpg
レストランやショップ、ホテルが出てきました。セドナはもうすぐ。
この辺のインディアンジュエリーはモニュメントバレー付近の露店の1.5倍はしてるかも!
―――同じデザインも売ってました。
さすがリゾート地。場所によってこんなに違うとは…
もっと買っとけばよかったかなぁ。。。ちょっと後悔。

P6030391.jpg
セドナのメインストリートは高級リゾートの雰囲気。

目指すは「Super 8 Motel Sedona」


P6030393.jpg P6030394.jpg
やっと到着です。まずはチェックイン。

運転手、お疲れ様でした。
長距離に加え、山道!大変でした。
―――Super 8 Motel Sedona着19:20 Kayentaからここまでの走行距離182マイル(約291.2㎞)

セドナの街の中に出て夕飯です。
P6030398.jpg P6030402.jpg

ひでとうが、旅行案内所に中華かイタリアンはないかと聞きに行っています。
ハンバーガーはもういいよ。
ひでつぐは、麺かライスが食べやすいんです。

ひでつぐ、待ち切れず「はやくー」って大騒ぎ。

イタリアンのお店を教えてもらいました。
ちなみに、中華はないそうです。

P6030410.jpg P6030411.jpg

久しぶりのまともなレストラン。
料理も期待しちゃいましょう!!

P6030415.jpg P6030421.jpg
オープンデッキの解放感たっぷりの席です。下には川が流れています。
ムードあるぅ ここで、ゆっくりお酒なんか飲めたら最高なんだけど…

P6030425.jpg P6030427.jpg
料理が来るまでぬりえ!ひでつぐ大喜び!!
アメリカらしいですねぇ。

P6030435.jpg P6030436.jpg
期待通り、Good!
味もボリュームも料金も言うことなし。
大満足です。
ひでつぐも食べる食べる!!
パスタは柔らかめで、味はひでかあ特製パスタに近かったもんね。

ここ、毎日でもいいかも。


今日も寝るのは23時をまわっていました。
明日は11:00から前世をリーディングしてもらう予約を入れています。
楽しみ~!!

朝は少しゆっくりできるかな?


さあ、いよいよ今回の旅行のメインイベント。スピリチュアルな体験です!!
オーラ、前世、星占い…
セドナでの2日間を満喫できるかな?

2009年6月1日月曜日(11日目) Navajo National Monument&Monument Valley

ドライブ3日目

A:Travelodge Page AZホテル 9:20発
移動距離92マイル(約147.2㎞)
B:Navajo National Monument 13:16着  16:22発
移動距離70マイル(約112㎞) 
C:Monument Valley 18:06着 20:25発 
移動距離25マイル(約40㎞) 
D:Mexican Hat Hat Rock Innホテル 20:55着

時刻は現地時間を採用せずユタの時間のままで表記します。

3日目 トータル移動距離 187マイル(約299.2㎞)

ドライブ トータル移動距離 656マイル(約1049.6㎞)

青森県の大間崎から静岡通り越して掛川のちょっと手前と同じ距離



おはようございます。やった~!今日も快晴!!
ただ今、アリゾナ州のペイジにいます。
昨夜宿泊したTravelodge Page AZ のお部屋紹介から…

残念ながらここの設備、電子レンジも冷蔵庫もなかったんだよね。
コーヒーメーカーとドライヤーだけ。

電子レンジはいいけど、この暑いのに冷蔵庫がないのはきつい!
ジッパー付きの大きな袋に製氷機で氷をもらいクーラーボックスに入れて飲み物を冷やしてました。

このジッパー付きの大きな袋、100円均一で売ってます。
水を入れて凍らせ保冷剤代わりにするもの。
日本から持って行きました。

14891_c2.jpg
こんなお部屋。

3人で$72でした。
――え?安いって?――そうそう、頑張ってPageで安いとこ探したんですもん。
さすがに前日泊まったハリケーンよりは高いです。やっぱり観光地。

ちなみに帰りにもう一度Pageに泊まる予定、
予約してあるMotel 6 Pageはもっと安くて$67.5でした。

P6010002.jpg P6010001.jpg P6010004.jpg
朝食は最高!!
シリアル、トーストだけでなく、マフィンにフルーツもあります!!
ジュースの種類も豊富です。
明るくて気持ちいいし。
P6010006.jpg P6010007.jpg P6020010.jpg
駐車場の雰囲気。レイクパウエルらしきものもちらっと見えます。
―――ちなみに、泊まった部屋は1階のハンデキャップルーム。
何処も他と変わったところはなかったような…

ザイオンで買ったTシャツ!
P6010009.jpg
お揃いで着ています!!似合うよ~!!

9:20出発です。ガソリン入れて・・・
P6020011.jpg P6020012.jpg
ガソリンスタンドの隣にあるWal-Mart ウォルマートで買い出し~!!

すごく大きいです。
オーレム(Mさん家の近く)で行ったWal-Mart より品数豊富?!

湖が近いこともあって、アウトドア用品が超充実!!

パン、ハム、チーズにピクルス、ミックスサラダ袋入りを買い込んで
さらにランチ用のサンドイッチ、スナックも買いました。
このマーケットウチの近くに欲し~い!
むちゃくちゃ安いです。
大きなサンドイッチも$5.5!!

思いのほか長居をしてしまいました。
ペイジを出たのは11:00。
89号線(US-89って書くらしい)から98号線(AZ-98って書くらしい)に入ります。―――Page発 11:00
P6020014.jpg

ここまで来て「アンテロープキャニオン」を素通りするなんて!!
と思うかも知れませんが…
下調べをした段階で日程的にも車イス的にも難しかったんです。
苦渋の選択でした。残念。。。。。

最大の目的地はモニュメントバレーとセドナ。
セドナまで行くのに「グランドキャニオン」にも行かないんですから…
むろん、レイクパウエルも素通り。

なんて、マイナーな旅行なの??

本当ならここだけで1週間は居られるでしょう。。。
次回に期待!!また来るぞ~!!


アンテロープキャニオンの入り口にある目印の煙突を間近に見つつ…
AZ-98をひた走り。
P6020020.jpg
1時間ちょっと走りました。

あれ??
P6020022.jpg P6020021.jpg P6020024.jpg
貨物列車!!
踏切!!

1日に何本あるか知らないけど、きっと貴重な体験!?
工業用かな?

線路を渡るとすぐにUS-160にぶつかり、左折。
ホピリザベーションのすぐそばです。
今回の旅行の発端はとうがこのホピリザベーションに行きたいということから始まりました。
結局、日程的にナバホネーションを周るだけで、ホピリザベーションの中には行きませんが…

ネイティブアメリカンの聖地。
ココペリが下りてきそうです。

ホピリザベーションとは・・・
開拓時代にアメリカ政府がネイティブ・アメリカンを西部に追って、強制収容した所。一つの統治国家みたいになっています。ホピとはアメリカインディアンの種族のこと。
―――で、あってる?偏ってる?
ホピリザベーションはナバホネーションの中にあって、ファーストメサ、セカンドメサ、サードメサがあります。
このセカンドメサに行きたかったんだって。
何にもない未舗装の道を片道2時間、3時間走らなければなりません。
ここにだけ、行くつもりなら可能かもしれないけど、、、今回はあきらめてね。

ナバホネーション

詳しくは
インディアン居留地 - Wikipedia
ディネ - Wikipedia

http://www.hopiculturalcenter.com/(英語)
http://www.nau.edu/~hcpo-p/(英語)
参照。

とうは、インディアンジュエリー好きで、自然と共に生きるネイティブアメリカンの精神に感銘を受けてるんです。
格言の本を読んだり、映画「ホピの予言」なんかも見に行って、熱く語ってます。

旦那様の精神修養になればと今回の旅行が計画されたのでした。
―――結果はインディアンジュエリーに走ってますが…

P6020029.jpg P6020027.jpg

P6020026.jpg P6020028.jpg
ブラックメサに沿ってUS-160を走り、しばらく行くと、ブラックメサショッピングセンターがありました。
広く閑散とした店内だったけど、品数は豊富。
地方のコンビニを大きくした感じ。
醤油も売ってました。

このあたりに来ると、インディアンとわかる人を良く見かけます。
異国の香りがするわ~!!

ブラックメサショッピングセンターからすぐにAZ-569に左折する道があります。
目指すはNavajo National Monumentです。

1966年に国定記念物に指定されたNavajo National Monument ナバホ国定記念物は、
プエブロインディアンのアナサジ族の残した、断崖をくりぬいて作った住居跡です。
今でもアナサジ族の人たちが先祖代々守り続けています。

この断崖に作った住居跡は世界遺産にも指定されている「メサ・ヴェルデ国立公園」が有名ですが、
ミニミニ メサ・ヴェルデといった感じでしょうか。

近くにはキャンプ場、ピクニック エリアあり。

とても知名度な低く、観光ツアーはたぶんないだろう。
実際、すれ違う車もなく、観光客も数人。

15分ほど走り…
P6020032.jpg P6020031.jpg
ともかくビジターセンターへ。―――Navajo National Monument着13:16 Pageからここまでの走行距離92マイル(約147.2㎞)

ビジターセンターの保安員の人もアナサジ族の人でした。

ビジターセンターの裏からBetatakin Canyonの遺跡に行くトレイルがあります。
時刻は13時過ぎ、まずはランチです。

P6020039.jpg P6020044.jpg
キャンプ場まで行こうかとも思ったけど…
トレイルの入り口のベンチにてターキーのサンドイッチを広げます。
3人でやっと食べきる大きさ!!アメリカンサイズ大好き!!


トレイルはビジターセンターの保安員の人が案内してくれます。無料。
次の回までしばし、センター内のお土産を物色。
ひでつぐの絵本と、またもやとうとひでつぐおそろいのTシャツにめぼしを付けて…帰りに買おう。

―――ちなみに買ったのはこれ。
P7240002.jpg P7240003.jpg

―――とうはインディアングッズが気になってしょうがない。
機織りの実演もしていて、かあは興味深々。

P6020052.jpg P6020051.jpg
トレイルは緩やかな坂道を下リます。

P6020046.jpg P6020048.jpg P6020055.jpg P6020062.jpg
途中、植物の説明をしてくれます。―――もちろん英語で。
とうに通訳をしてもらいつつ先に進みます・・・・・・
って、中々進まない!!
「私のおばあちゃんが・・・」って説明が続きます。

ここはチョイ寄りのはずだった我が一行。
かあはしびれを切らし、「時間がないから先に行くって言って!」ととうに通訳をお願いしました。

P6020068.jpg
急な木道をスイッチバック式で下り・・・

ナバホN.M

おお~!!来た~!!

P6020085.jpg

視界が開けます。

P6020074.jpg P6020076.jpg
すごーい!!
遺跡はあの穴の中です。

P6020087.jpg P6020090.jpg
良く見ると家の間取りがなんとなく見えます。
壁画もあると書いてあるのですが・・・
そう思えば、見えなくもない。。。って感じ。

ここで、、、この閉鎖されてるようにしか見えない大自然の中で、自然と共に暮らしていたアナサジの人達・・・ロマンを感じる~。
彼らが一番自由だったのかも。。。

身が洗われる思いって言うのかなぁ。思いっきり深呼吸してきました。
この後の帰り道、急な上り坂はまだ意識になく・・・


いや~。帰りは大変でした。
ここって標高何メートル?もしかして空気薄い?
息が上がって頭痛がしてきそうです。
単に、年?

さて、出発。―――Navajo National Monument発 16:22 
いよいよMonument Valleyモニュメントバレーです。

P6020096.jpg P6020094.jpg
Kayentaの町でUS-160からUS-163に入ります。
時刻は16:50分。

P6020106.jpg
ここだけ、雨が降っています。
不思議な天気。
インディアンは、雨は天からの恵みと考えています。きっと、歓迎してくれてるのかな?

P6020100.jpg P6020099.jpg
これがモニュメントバレー!?…違いました。
通り過ぎてしまいました。

でも、迫ってきてる感じします。

P6020113.jpg
わかる?わかる?
カーボーイです!!!
「あ~」っと言ってカメラ出してるうちに・・・さよなら・・・

P6020114.jpg P6020119.jpg P6020122.jpg
途中、インディアンジュエリーの露店に引っ掛かり・・・
しばし物色。
あまり、触手動かず・・・

―――しかし、これが後から失敗、となるのです。
ここで、買っときゃ良かった。。。。。
セドナでは1.5~2倍していました。

でも、買わなかったってことは、本当は要らなかったんだよね。

本物のモニュメントバレー見えてきました!!
P6020126.jpg
南からの入り口はこんな感じ。

と、通り越しちゃったみたいです。山がなくなった。
P6020136.jpg
入り口はわかりにくいので注意!

UA-163を右折し、走ること5マイル、10分ほど走り、料金所があります。
ここで1人$5(9歳以下無料)を払いさらに進むと、ビジターセンターがあります。
―――Monument Valley着18:06 Navajo National Monumentからここまでの走行距離70マイル(約122㎞)
残念ながら、ただ今、ビジターセンターは閉鎖中。

そのまま、ザ・ビューホテルの駐車場へ。
このホテル、一度は泊まりたい!!
―――いや、ここに泊まるためだけに、アメリカに来てもいいぐらい凄い!!

ぜひ、ホテルのHPをご覧ください。一見の価値あり。
The View Hotel Inside Monument Valley

P6020140.jpg P6020142.jpg

ホテルのトイレを借り、レストランでお茶でも飲みながら景色を眺めとうと・・・
奥にお土産屋さんを発見してしまったとう。
またまた、吸い込まれて行きました。

P6020149.jpg

ここは上品な…高級品…整然とオシャレに並べられたディスプレイ。
すてき~!!素晴らしい!!
お土産屋さんの雰囲気はここから。

P6020144.jpg P6020150.jpg
ここからの眺めも最高!!
かあはとっととお土産を見終わり…ひでつぐとホテル探検。

おお~!!バルコニーに出られるじゃないですか!!

DSCF0180.jpg P6020157.jpg

P6020154.jpg P6020166.jpg

あ~ 言葉が出ません。

地球ってすごい。。。

DSCF0178.jpg 

DSCF0176.jpg P6020205.jpg

DSCF0182.jpg DSCF0171.jpg

DSCF0206.jpg P6020203.jpg
同じような写真をたくさん撮ってしまった。

やっと、ひでとう登場。

P6020183.jpg P6020184.jpg

P6020180.jpg DSCF0187.jpg
かあは一番いい席を陣取り、この星のでかさを感じつつ・・・
自分もこの自然の中の一部なんだと感じつつ・・・
暮れて赤、く染まる大地を眺めていました。
―――ひでつぐはそっちのけ。。。すまん。

P6020209.jpg
脱力、解放、赤い土に溶け込んでいくみたい。
歴史とか地層とか、何も思考せず・・・ただただ・・・呼吸。

しばらく、そうしてたでしょうか。

本当に精霊が下りてきそうです。

本当にここに泊まって日がな1日、ボーっと自分を解放していたい。

本当に。。。。。。。。



現実的なとうは、「ねえ、お土産見てよ。どっちがいい?」
―――あんたは、一体、何を、しに、来たんだ~!!

まあ、ひでつぐの事もあるので、そろそろ動かなくては・・・
動きたくな~い!!

P6020217-1.jpg

P6020214.jpg P6020224.jpg

でも、20:00です。いつの間には人もまばら。

で、とうが買ったのは
P7240031-1.jpg
この額に入った押し花(押し草?) ナバホナチュラルモニュメントで説明を聞いた薬草です。
その他、これから買うであろう多々の土産物たち。。。の一部。
ただ今、我が家にインディアンギャラリーが出来てます。

本来ならこのホテルから見るだけでなく、ジープで眼下に広がる道なき道を走り
なまのモニュメントバレーを味わうことができるツアーがあります。

自家用車では難しいみたいです。。。やってる人もいますが。

車イスがあるとジープはNGだと思い断念。
交渉次第では出来るかもしれませんが、トラックの荷台のような所に乗るらしく砂埃をもろにかぶるということでした。
ずっと、抱っこもきつい。

自家用車でのドライブを、さわりのところだけする予定でしたが、それも時間的にも状況的にもあきらめました。
乗馬で案内してくれるところもあるとか・・・

絶対、また来ます。
このホテルに泊まりに。
P6020213.jpg

DSCF0235.jpg
日が沈むと真っ暗です。

急ぎましょう。―――Monument Valley発 20:25

モニュメントバレー情報
USAツーリスト
http://www.usatourist.com/japanese/places/utah/monumentvalley.html
JTB
http://travelife.us/nationalparks/p-20.php
USWEST.TV アリゾナ州
http://www.uswest.tv/arizona/az_02.html
シーニック航空
http://www.scenic.co.jp/parkinfo/monumentvalley1.htm
Navajo Parks & Recreation Depertment
http://www.navajonationparks.org/htm/monumentvalley.htm(英語)

モニュメント・バレー - Wikipediaより
Windows Vista
2007年1月31日発売のWindows Vistaの壁紙の1つにこの地の写真が採用された。 C:\Users\Public\Pictures\Sample Pictures参照。

うわ~知らなかったぁ。


今日の宿泊はMexican Hat メキシカンハットにあるHat Rock Inn ハットロックインです。
―――Hat Rock Inn着20:55 Monument Valleyからここまでの走行距離25マイル(約40㎞)
メキシカンハットはユタ洲なので時差プラス1時間です。損した気分。

P6020237.jpg P6020238.jpg
Hat Rock Innは1泊3人で$104.64です。今回の旅行の中で最高値。
モニュメントバレー周辺は宿泊場所が少なく、メキシカンハットか来る時に通ったケイエンタになります。
高くてもしょうがないか。。。
近くに San Juan Innというホテルもあったけど、バリアフリーではありませんでした。

P6020241.jpg P6020242.jpg P6020240.jpg

部屋は古いですがきれいです。
冷蔵庫なし、電子レンジなし、朝食なし・・・最悪です。
しかも製氷機の場所を聞こうとフロントに行ったらドアに鍵。
通いの従業員さんは帰ってしまった後でした。

はぁーっ。

買っておいたパンとチーズとハムとピクルスでサンドイッチを作り部屋食。

さあ、明日は長距離移動です。
休息、休息。

明日はセドナに向かいます。
スピリチュアルな体験できるかな??

お楽しみに

See You




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。